意外と知られていない冠婚葬祭のマナーについて

冠婚葬祭は服装に気を付ける

冠婚葬祭は改まった場であることが多いです。
普段カジュアルな格好ばかりしている人でも、それなりにきちんと整えていかないと失礼になることもありますから、もし急に何かあっても対応できるようにしておきましょう。
急なことが多い葬儀に関しては、一着は喪服を用意しておきましょう。
意外と忘れがちなのが靴です。
田舎の葬儀は意外と移動が多いもので、靴が合わないと大変なので、黒いシンプルなものを用意しておくようにしましょう。
結婚式などによばれた際はそれなりに華やかな格好が必要です。
若い女性で振袖などを持っていて着ることができる人はそれでも良いでしょうが、そうでなければそろえる必要が出てきます。
最近はパーティードレスという形で売られているものもありますから、そのような中から選んでいくとよいでしょう。
購入せずにレンタルという方法もありますから、レンタルショップを調べておくことも急なおよばれにあわてずに済む準備といえます。